スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
邦画のシェアが21年ぶりに洋画を上回る!!
1月30日、日本映画製作者連盟(映連)が、06年の映画産業諸統計を発表した。それによると06年に日本国内で公開された作品は邦画417本、洋画404本の合計821本(成人指定映画を含む。なお前年は731本)。総興行収入(興収)は2025億5300万円で、過去最高を記録した03年の2032億590万円には及ばなかったものの、05年(1981億6000万円)比で102.2%となった。

 なお、興収の内訳を見ると、邦画は100億円を超える作品はないものの、総計で前年比131.8%の1077億5200万円を稼ぎ、洋画は948億200万円。21年ぶりに洋邦のシェアが逆転し、シリーズものやリメイク頼りで低迷するハリウッドの姿が浮かび上がった。

 一方、観客総動員数は1億6427万7000人で、05年の1億6045万3000人から102.4%増となった。また全国のスクリーン数も05年の2926スクリーンから、3062スクリーンへと増加した。邦画、洋画それぞれの興収ベスト10は以下の通り(作品名の右は興収と配給元)。

【邦画】
1. 「ゲド戦記」 76.5億円 東宝
2. 「LIMIT OF LOVE/海猿」 71億円 東宝
3. 「THE 有頂天ホテル」 60.8億円 東宝
4. 「日本沈没」 53.4億円 東宝

5. 「デスノート/the Last name」 52億円 ワーナー
6. 「男たちの大和/YAMATO」 50.9億円 東映
7. 「劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション/ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」 34億円 東宝
8. 「映画ドラえもん/のび太の恐竜2007」 32.8億円 東宝
9. 「涙そうそう」 31億円 東宝
10. 「名探偵コナン/探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」 30.3億円 東宝

【洋画】
1. 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 110億円 ワーナー
2. 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」 100.2億円 ブエナビスタ
3. 「ダ・ヴィンチ・コード」 90.5億円 ソニー
4. 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」 68.6億円 ブエナビスタ
5. 「M:i:III」 51.5億円 UIP
6. 「Mr.&Mrs.スミス」 46.5億円 東宝東和
7. 「フライトプラン」 31.2億円  ブエナビスタ
8. 「チキン・リトル」 26.8億円 ブエナビスタ
9. 「ワールド・トレード・センター」 24億円 UIP
10. 「キング・コング」 23.5億円 UIP

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000010-eiga-movi
スポンサーサイト
【 2007/01/31 09:26 】

| 映画 |
イケメンに囲まれたサエコが大胆告白!「体に触ってみたい・・・」
29日、三池崇史監督の最新作『龍が如く』の完成披露試写会が行われ、北村一輝、岸谷五郎らメインキャストと三池監督、そして、エグゼクティブプロデューサーの名越稔洋が舞台あいさつに立った。

 同作は、国内はもとより、欧米でも高セールスを記録しているPS2専用ソフトの世界観を映像化したアクション大作。眠らない街を舞台に、欲望と暴力がうずまく男臭い内容だ。そんな中、紅一点、女強盗を演じるサエコは、「楽屋に“ヤクザ”がたくさんいて怖かった」と撮影中の恐怖エピソードを披露。しかし、女性の目線から見どころを聞かれると「出演者のみなさんが、本当にきれいな体をしている。ぜひ、触ってみたい」と大胆な本音をもらし、場内を沸かせていた。

 この日は、北村一輝、岸谷五郎、塩谷瞬という各世代のイケメン俳優が勢ぞろいしたが、もっとも大きな歓声を浴びていたのが、若き韓流スター、コン・ユ。日本映画初出演を果たした彼は、熱狂的なファンに笑顔で応えながらも「ちょっと恥ずかしいし、ここにいる皆さんに申し訳ない」と照れている様子だった。

 立ち見客も含め、女性で埋め尽くされた場内に「普段とは全然違う雰囲気で、正直、オジサン、戸惑ってます」と三池監督。「なんじゃこりゃ系の映画なので、前のめりで楽しんでください」と出来立てホヤホヤの監督最新作をアピールしていた。

『龍が如く』は3月3日より公開。
『龍が如く』オフィシャルサイトhttp://www.ryu-movie.com/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070130-00000006-flix-movi

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

【 2007/01/30 15:14 】

| 映画 |
人気スパイ映画「007」中国デビュー!興行記録塗り替えも!
【北京29日時事】人気スパイ映画「007」シリーズの最新作「カジノ・ロワイヤル」が30日、中国でノーカットで封切られる。冷戦体制を背景に英国の情報部員ジェームズ・ボンドが活躍する同シリーズはこれまで上映が認められず、許可が出たのは21作目にして今回が初めて。
 
新華社電によると、マーティン・キャンベル監督と主演のダニエル・クレイグさん、ボンドガール役のエバ・グリーンさんが封切りに合わせ、北京と上海で舞台あいさつする。
 
中国で公開された外国映画として、過去最高の興行成績は昨年の「ダ・ヴィンチ・コード」による1億480万元(約16億円)だが、「カジノ・ロワイヤル」はこれを抜く可能性があるとみられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000066-jij-int 
【 2007/01/30 04:03 】

| 映画 |
「夜になるまえに」「ゲド~戦いのはじまり」が今なら無料!!
Yahoo!動画は29日、映画「夜になるまえに」「ゲド~戦いのはじまり~前編」「ゲド~戦いのはじまり~後編」の無料配信を開始した。あわせて「キネマ横丁」にて、「墨攻」「DOA/デッド・オア・アライブ」「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」の特番を公開した。

 「夜になるまえに」は、カストロ政権下で作家でありホモセクシュアルであるために迫害された実在の亡命作家レイナルド・アレナスの同名の自伝を、「バスキア」のジュリアン・シュナーベル監督が豪華キャストを迎えて映画化した作品。暴力的な原色と熱狂の国キューバからネオンと摩天楼のNYへの、言葉の海を駆け抜けた感動作だ。

 「ゲド~戦いのはじまり」は、「指輪物語」「ナルニア国物語」と並び世界三大ファンタジーのひとつと称される原作を映画化。並はずれた魔法の力を持つ少年ゲドは、ある日ふとしたことからこの世に「影」を呼び込んでしまう。魔法世界の深まる謎、追ってくる「影」の恐怖を背景に、宿命、挫折、苦難が、ゲドを少しずつ成長させてゆく様を描いた作品だ。

 「夜になるまえに」「ゲド~戦いのはじまり」ともに、配信期間は1月29日から3月28日まで。配信帯域は384kbps、1.5Mbpsの2帯域で、Windows Media Playerを使用して誰でも無料で視聴できる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000002-rbb-ent
【 2007/01/29 16:46 】

| 映画 |
平岡祐太 「小林武史に曲をカバーされてしまった」と暴露!
第26回吉川英治新人文学賞を受賞した気鋭作家・瀬尾まいこの同名小説を映画化した『幸福な食卓』が1月27日(土)公開され、主要キャストが舞台挨拶を行なった。主演の北乃きいは、歴代スターを生み出している「ネスレ キットカット」の7代目イメージキャラクターに先日決まったばかりの旬・女優。そんな彼女は、本作で映画初出演・初主演となるが、「今舞台に立っていることが本当に不思議だけど、とても幸せです」と満面の笑みで挨拶を行なった。

平岡祐太は、作品中であまりうまくないという設定のギターを披露するが、実は、ギターは趣味でよく弾くという。「映画のために5曲作曲して実際弾いているんですが、1曲だけ採用されたのみで、後は音楽プロデューサーの小林武史さんの曲にカバーされてしまっていたので悲しかったです」と、真相を暴露。小林武史は、本作の音楽監督を務めている。

next⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000000-pia-ent
【 2007/01/29 16:43 】

| 映画 |
石田ゆり子が複雑な表情で「キツかった・・・」
今問題になっている“家庭崩壊"からの“再生"を優しく描いた映画『幸福な食卓』の初日舞台挨拶が1月27日(土)東劇にて行われ、主演の北乃きい、勝地涼、平岡祐太、石田ゆり子らメインキャストが登場した。北乃や石田のワンショット写真はこちら

 今注目の新人女優である北乃は「今、舞台に立っているのが不思議ですが、この日が来たことが嬉しいです」と笑顔で挨拶。会場からは拍手が沸き起こった。

 2児の母役を務めた石田は「(平岡演じる大学進学を辞める)直ちゃんのお母さん役はどうなんだ?って思ったりして、キツかったですね」と語り、複雑な表情を見せる一面も。そんな石田も「(勝地が北乃に言うセリフの)“中原って守られてるんだよ"という所を感じてほしい」と映画をPRした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000002-oric-ent
【 2007/01/29 16:41 】

| 映画 |
菊地凛子、SAG賞の受賞を逃す!ベスト・アンサンブルは『リトル・ミス・サンシャイン』
第13回全米脚本家協会賞の映画部門の受賞者が発表され、助演女優賞にノミネートされていた『バベル』の菊地凛子が惜しくも受賞を逃した。最優秀映画に値するベスト・アンサンブル映画には『リトル・ミス・サンシャイン』が選ばれた。その他の主な受賞者は以下のとおり。

主演男優:
フォレスト・ウィテカー 『ラストキング・オブ・スコットランド』

主演女優:
ヘレン・ミレン 『クィーン』

助演男優賞:
エディ・マーフィ 『ドリームガールズ』

助演女優賞:
ジェニファー・ハドソン 『ドリームガールズ』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000008-flix-movi
【 2007/01/29 16:34 】

| 映画 |
石田ゆり子が母親役に困惑!?
映画「幸福な食卓」が公開初日を迎え、出演者による舞台あいさつが行われた。ひとりの少女の視点を通して描いた家族の崩壊と再生の物語で、少女役を映画初主演の北乃きい、兄役を平岡祐太が演じる。2人の母親役の石田ゆり子は平岡と15歳差で、「私は結婚していないし子どももいない。ナオちゃん(平岡の役名)のお母さんはキツかった」と苦笑い~1月27日より東劇ほか全国公開 配給:松竹~
出席者:北乃きい、勝地涼、平岡祐太、さくら、羽場裕一、石田ゆり子、小松隆志(監督)

http://headlines.yahoo.co.jp/video_gallery/showbizzy_interview/g070065.html
【 2007/01/29 12:44 】

| 映画 |
アン・ヘッシュが夫と別居!?
結婚して5年になるアン・ヘッシュと夫でカメラマンのコーリー・ラフーンが別居したことが発表された。ヘッシュのスポークスマンは、二人がプライバシーを尊重してくれるよう求めていることも付け加えた。ヘッシュとラフーンには4歳になる息子のホーマーがいる。エレン・デジェネレスとの交際・破局が一時マスコミをにぎわせたヘッシュだが、今回は共演者のジェイムズ・タッパーとのうわさが破局の原因ではないかと報道されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000004-flix-movi
【 2007/01/29 12:18 】

| 映画 |
ニコール・キッドマン主演のバズ・ラーマン監督映画の共演者明らかに!!
すでにニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンの主演が決まっているバズ・ラーマン監督映画『オーストラリア』(原題)の新たな出演者が明らかになった。オーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙が伝えたところによると、同じくオーストラリア出身のブライアン・ブラウンと『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』のジャック・トンプソン、『ヴァン・ヘルシング』のデヴィッド・ウェンハムも出演するそうだ。またジャックマンによれば、『オーストラリア』はオーストラリア製作映画史上最高のスケールの作品になるそうだ。同作は、第二次世界大戦前のオーストラリアを舞台に、大農園を相続したイギリス貴族の女性を中心に描くロマンティック・アクション・アドベンチャーだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000005-flix-movi
【 2007/01/29 12:12 】

| 映画 |
妻夫木&柴咲 アツアツ公開!!
交際が伝えられる妻夫木聡(26)柴咲コウ(25)が27日、都内で主演映画「どろろ」(塩田明彦監督)の初日あいさつに出席した。手塚治虫氏原作の時代劇で百鬼丸を演じた妻夫木は「劇中で僕を支えたどろろ(柴咲)のように、周囲に誰かがいるから自分が生きていることを実感した作品です」と話した。同作は世界23カ国に配給される。壇上に用意された世界地図上の配給国に「どろろ」の旗を刺す企画が行われ、「共同作業」を行った妻夫木と柴咲が笑顔で見詰め合う場面もあった。共演の中井貴一、原田美枝子も出席した。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/movie/
【 2007/01/29 08:59 】

| 映画 |
映画「バベル」で菊地凛子 モザイクなしの大胆ヌードも公開!
ヘアまで公開していたとは――。今やハリウッドで最も有名な日本人女優、菊地凛子(26)の大胆演技が話題になっている。

 菊地はブラッド・ピット主演の映画「バベル」でハリウッドデビュー。聾唖(ろうあ)の女子高生を演じて世界中の注目を集めているシンデレラガールだ。

 この映画での熱演が認められ、日本人女優として35年ぶりにゴールデングローブ賞にノミネートされたほか、米映画批評会議賞新人女優賞などを受賞。“本命”のアカデミー賞でも助演女優賞にノミネートされ、受賞への期待が高まっている。

 今週、ようやく日本でも「バベル」の完成披露試写が行われた。映画関係者が興奮気味に語る。

「菊地がノーパンの超ミニスカートで男を挑発するシーンは生唾モノです。彼女が男に見せつけるようにゆっくりと脚を広げると、黒々とした長めのヘアがあらわになる。『氷の微笑』以来の衝撃映像ですよ。これがモザイクなしでスクリーンに大写しになるんですから、ド肝を抜かれました。一糸まとわぬ姿になって刑事を誘惑するシーンもあります。スレンダー体形のわりにバストは豊か。刑事にもみしだかれて、柔らかそうに揺れていました」

 当の菊地はヌードシーンについて「たいしたことではない」と語っている。肝が据わった女優のようだ。

「バベル」の日本公開は今年のゴールデンウイーク。楽しみだ。



『バベル』は、2007年GWに全国にて公開
『バベル』公式サイトhttp://babel.gyao.jp/


http://news.livedoor.com/article/detail/3000401/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070128-00000003-gen-ent

【 2007/01/29 08:37 】

| 映画 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。